2005年11月26日

中国江西省の地震で14人死亡、60万人避難

阪神大震災の被災者としては背筋が凍りつくニュースだ。。。
これ以上被害が広がらない事を切に願います。。。

【瑞昌(中国江西省)=藤野彰】中国南東部の江西省九江市と瑞昌市付近で26日午前8時49分(日本時間同9時49分)、 マグニチュード(M)5・7の地震が起き、中国民政省などによると、同日夕までに少なくとも14人が死亡、377人が重軽傷を負った。

 中国中央テレビは負傷者は8000人以上とし、18000戸が倒壊、住民60万人が避難したと伝えた。邦人の被害は確認されていない。

 長江対岸の湖北省武穴市でも死者が出ている。

 中国政府によると、最初の地震発生後、マグニチュード4台の余震が2回発生している。

中国江西省の地震で14人死亡、 60万人避難

posted by クマ at 23:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。